府中トーストマスターズクラブ / Fuchu Toastmasters Club > これまでの開催記録

第48回例会記録(英語例会)

140105.jpg

2014/01/05(日)開催の英語例会の例会記録をお知らせします。

2014年今年もよろしくお願いいたします。

■準備スピーチの部

この日の準備スピーチのスピーカーは二人でした。

  準備スピーチとは、トーストマスターズのマニュアルに書かれた
  目標に従って行うスピーチです。

この日の最初のスピーカーの目標は、
「ビジュアルエイド(視覚機材)を使うこと」。
スピーチは基本的に、言葉中心で説明されるものです。
しかし、重要なポイントや数字など言葉だけで言われてもピンとこない
ことが多々あります。そこで役に立つのがビジュアルエイドです。
言葉で言われてもピンとこないことも、一目見ればすんなり理解できること
が多くあります。
この目標に従って、「Asian English」についてお話されていました。
英語というと、欧米を連想しがちですが、アジア、特に東南アジアでも
英語を使っている国々がたくさんあります。
そしてその国々特有のローカルな言い回しがあることなどを、
視覚機材を用いてわかりやすく説明されていました。

続いてのスピーカーの目標は、「聞き手を奮い立たせること」。
スピーチには、いくつかの目的があります。
知らせること、楽しませること、などです。
その中で、聞き手に行動を起こさせることを目的とした
スピーチを披露されました。
この目標に従って、「Wonders of Yakushima Island」というタイトル
で鹿児島県屋久島の魅力についてたっぷりと話され、締めとして
ぜひ屋久島に行ってみようとおっしゃっていました。

このスピーチを聞いた後、無性に屋久島に行ってみたくなりました。

■論評の部

  続いては論評の部。
  準備スピーチに対して、スピーチのよい点と改善点を
  指摘されていました。

■授賞式

  この日、各セッションで最も素晴らしかったスピーカーを
  表彰しました。皆さんおめでとうございます!