府中トーストマスターズクラブ / Fuchu Toastmasters Club > これまでの開催記録

第49回例会記録(日本語例会)

140119.jpg

2014/01/19(日)開催の日本語例会の例会記録をお知らせします。

■テーブルトピックスの部

テーブルトピックスとは、与えられたお題に対してその場でスピーチを
組み立て2分間で披露するスピーチです。
今回のお題はとても難しい。。。

「日本の食文化を守り伝えていくためには?」
「あなたの今年の漢字は?」
「特定機密保護法案について」
「2020年東京オリンピックについて」
「成人式を迎えた人へのメッセージ」

今回は即興で話さなければなりませんでしたが、
一度じっくり考えてみたいものばかりです。

■準備スピーチの部

この日の準備スピーチのスピーカーは大盛況の3人。
  準備スピーチとは、トーストマスターズのマニュアルに書かれた
  目標に従って行うスピーチです。

一人目のスピーカーの目標は、「歴史上の出来事を再現する」。
目標に従って、「大化の改新」のストーリーを再現されていました。
中大兄皇子らが蘇我入鹿を討つまでのストーリーが活き活きと表現
されていました。

二人目のスピーカーの目標は、
「技術に詳しくない人にわかりやすく技術の説明をする」。
目標に従って、「動画像圧縮符号化技術」についてお話されました。
漢字ばかりで難しそうに感じてしまいそうですが、とても分かりやすく
説明されていました。
この技術は、デジタル映像のデータを保存や送信するときに
いらない部分をカットして、保存や送信のデータ量をギュッと少なく
してしまう技術なのだそうです。

三人目のスピーカーの目標は、「何かの工程をわかりやすく説明する」。
目標に従って、トーストマスターズクラブでは欠かせない論評のやり方を
説明されていました。
論評は、スピーチの良いところ、改善点、良いところの順で指摘していくと
スピーカーのモチベーションを上げるために有効なのだそうです。

■論評の部

  続いては論評の部。
  準備スピーチに対して、スピーチのよい点と改善点を
  指摘されました。

■授賞式

  この日、各セッションで最も素晴らしかったスピーカーを
  表彰しました。皆さんおめでとうございます!