府中トーストマスターズクラブ / Fuchu Toastmasters Club > これまでの開催記録

第53回例会記録(日本語例会)

140316.jpg


2014/03/16(日)開催の日本語例会の例会記録をお知らせします。

これまで寒い日が続いていましたが、この日からようやく春めいてきました。

■テーブルトピックスの部

テーブルトピックスとは、与えられたお題に対してその場でスピーチを
組み立て2分間で披露するスピーチです。

この日出たお題は以下の通りです。
春にちなんだ話題を中心に出題されました。

「新しく始めたい事」
「モヤモヤしてすっきりしないこと」
「最近、ぱったりと止めた事」
「春の美味しい食べ物」
「山椒は小粒でもピリリと辛い」
「あなたが成りたいこんな人」
「何か取りたい資格」
「ここは綺麗にしておきたいもの」

■準備スピーチの部

この日の準備スピーチのスピーカーは2人でした。

  準備スピーチとは、トーストマスターズのマニュアルに書かれた
  目標に従って行うスピーチです。

この日2人の目標はどちらとも「自己紹介をしてみる」。
自己紹介のスピーチを行うことによって、自分が今持っている
スピーチスキルを認識します。
本来は、入会して初めての方が行うスピーチです。

この日最初のスピーカーは、「トーストマスターズとの出会い」について
お話されました。実はこの方、トーストマスターズの大ベテラン。
再度、このスピーチに挑まれてました。
3年前に関西から東京に異動となり、西と東の文化の壁に悩まされて
いたとのことです。
このままではいけない、何かを始めようとトーストマスターズの門を
たたいたとのことです。

続いてのスピーカーは、「走ること」についてお話されました。
子供のころから運動が大の苦手というこの方、運動不足のままではいけないと
数年前から走ることを始めたとのことです。ある10kmレースに出場した際、
シドニーオリンピックの金メダリスト、高橋尚子に手を取ってもらってゴール
するというおいしい思いをして以来、走ることの魅力にどっぷりはまってしまった
とのことです。 (注:スピーカーは女性です。)
将来は、世界で最も過酷なマラソン"といわれる「サハラマラソン」世界最高例記録
を出すことを目標にしているとのことでした。

■論評の部

  続いては論評の部。
  準備スピーチに対して、スピーチのよい点と改善点を
  指摘されました。

■授賞式

  この日、各セッションで最も素晴らしかったスピーカーを
  表彰しました。皆さんおめでとうございます!