府中トーストマスターズクラブ / Fuchu Toastmasters Club > これまでの開催記録

第59回例会記録(日本語例会)

140615.jpg

2014/06/15 (日)開催の日本語例会の例会記録をお知らせします。

■テーブルトピックスの部

テーブルトピックスとは、与えられたお題に対してその場でスピーチを
組み立て2分間で披露するスピーチです。

この日は以下の様なお題が出されていました。

「子供が海外へサッカー留学に行くといったらどうしますか?」
「海外から来た人に日本でおすすめの場所はありますか?」
「スランプからの回復方法は?」
「理想のリーダーとは?」
「もしあなたが料理長だったら選手に何を作りますか?」
「お金をかけずに優秀な選手をスカウトするとしたら?」
「もし弱小球団にスカウトされたらどうしますか?」

■準備スピーチの部

この日の準備スピーチのスピーカーは2人でした。

準備スピーチとは、トーストマスターズのマニュアルに書かれた
目標に従って行うスピーチです。

この日最初のスピーカの目標は、「聞き手を説得する」ことでした。
スピーチには情報を知らせる、楽しませるなど様々な目的がありますが、
ここでは、聞き手に何か行動を起こさせることを目指します。
「ありのままで」というタイトルでスピーチをされました。
古いところだと"Just the way you are"だったり、最近だと"Let it go"だったり
「ありのままで」という言葉は共感できる言葉です。このスピーチで、
ありのままでいようと聞き手に強く訴えてらっしゃいました。
(もちろん、両方の歌を歌ってもらいました!)

続いてのスピーカの目標は、「声を巧みに使う」ことでした。
棒読みのスピーカーの話は、聴くに絶えず時には寝てしまうことも
ありますzzz。声の強弱であったり、抑揚、間を巧みに使うことで
聞き手にスピーチに集中してもらうことを目指します。
この目標に従って、「ゴスペルの魅力」というタイトルで
スピーチをされました。ゴスペルの曲が生まれた背景、一体感など
実際の歌を交えて話されていました。最後になると、ゴスペルが
聞いてみたくなりました!

■論評の部

続いては論評の部。
準備スピーチに対して、スピーチのよい点と改善点を 指摘されました。

■授賞式

  この日、各セッションで最も素晴らしかったスピーカーを
  表彰しました。皆さんおめでとうございます!