府中トーストマスターズクラブ / Fuchu Toastmasters Club > これまでの開催記録

第79回例会(日本語例会)

150419.jpg

本日は、この会のリーダー2名が都合で欠席される中、参加メンバーで助け合って会を進行させる事が出来ました。会としては小さな一歩ですが、成長できたのでは!!
今回は3名のゲストさんが参加されました。

■テーブルトピックスの部

テーブルトピックスとは、与えられたお題に対してその場でスピーチを
組み立て2分間で披露するスピーチのことです。
⇒ 今回のお題は通勤時を想定し、「スマホが使えなかったら、何をして過ごしますか?」    「エスカレーターに乗ったら左側で止まる人/歩いて登る人、どちら?」等々、楽しい お題でした。

感想:
今回もお題の出し方上手いなー!と感心しました。各人の回答を聞かせて頂き、"自分なりの視点とか、こだわりまで述べられた"ら凄いのだなー!と感じました。
■準備スピーチの部

この日の準備スピーチは2人だけでした。

準備スピーチとは、トーストマスターズのガイドに書かれたプロジェクトに従って
自分の目標を立て決められた時間内で行うスピーチのことです。
⇒今回のタイトルは
①  「自然と共鳴し、自分の時間を生きよう!」
②   「きちんとした人」
感想:
2名とも時間オーバー(3秒、2秒)で失格でしたー!
実は①は私の発表。失敗した理由は「時間を計りながらのスピーチ練習をして無かった事です。」その為、準備した構成で話せず後半を大幅カットしました。自分の文章を丸暗記して話したのでは生々しさが伝わらなくなると考えていましたが、想いの半分位しか伝えられなかったのでは意味が有りません!トホホ・・・この会のモットーは"失敗は何度しても良い!"です。めげずに再挑戦することにしました!

■論評の部

続いては論評の部です。これは、ある程度場数を踏んで慣れてきてから、トライするのが良いようです。準備スピーチに対して、スピーチのよい点と改善点を 決められた時間内に指摘をします。

感想:
ベテランの方は"特に改善点を具体的に指摘する"のが上手いです。これが出来るようで中々出来ない。私ももう少し場数を踏んだら挑戦したいですね。
今回は、他の係の人達も具体的に良い指摘をされていました。遂、日本人はオブラートに包んで物を言い勝ちですが、ここでの皆さんの指摘は本当に役に立ちますよ。

■その他の役割

 プレゼン力だけでなく、リーダーシップも身に付ける意味からも全員で以下の役割を分担して行っています。
・全体の進行役
 ・今日の言葉係
 ・計時係
 ・集計係
 ・文法係
 ・えーとカウンター係

■授賞式

  この日、各セッションで最も素晴らしかったスピーカーを
  表彰しました。皆さんおめでとうございます!

■動画確認

 参加者の了解を得た上で例会の様子を撮影し、会員の方のみ確認が出来るようにしています。各自のプレゼン(話すときの癖?ボディーランゲージ?)を後日確認し、次に繋げる事が出来ます。