府中トーストマスターズクラブ / Fuchu Toastmasters Club > これまでの開催記録

第117回例会(日本語例会)

161120.jpg
今日は他クラブからのゲスト、またトーストマスターズクラブの会員ではないゲストの方がたくさんいらっしゃいました。当クラブもチャーターし、トーストマスターズクラブ内外の関心を集めているようです!当クラブの売りはまた来たくなるアットホームな雰囲気です。他のクラブのゲストはもちろん、初めて見学に来られる方も大歓迎です。スピーチや英語など上手くなりたい方等どなたでもお気軽にゲスト参加してみてください!


■準備スピーチの部準備スピーチ(事前に自己申告!)とは、トーストマスターズのガイドに書かれたプロジェクト項目に従ってテーマを選定・準備し、決められた時間内(例:7分)にスピーチするとても役に立つ練習です。スピーチの後にはQ&Aタイムも設けています。今日は2人の方が準備スピートを行いました。スピーチタイトルは次の通りです。
準備スピーチ1:「伝わる」ことの大切さ
準備スピーチ2:学生時代にやっていたアルバイト先での大失敗
準備スピーチ3:桃太郎
準備スピーチ4:忘れられない言葉

〈スピーチ内容〉
準備スピーチ1は、初スピーチとなるIcebreaker。なぜトーストマスターズクラブに興味をもったか、どのようなことを今後やっていきたいのかを堂々と語ったスピーチでした
準備スピーチ2は、バイト先での失敗談をたっぷりのボディランゲージを使って説明するスピーチでした。
準備スピーチ3は、上級スピーチ。桃太郎を現代風にアレンジしたスピーチ内容でした。準備スピーチ4は、上級スピーチ。ある言葉がスピーカーの学生時代にどのようにユニークに使われていたか、彼の人生にどのような影響を与えたかを語った内容でした。

〈感想〉
今回はIcebreakerから上級スピーチまでバラエティに富んだスピーチになりました。Icebreakerでは初心を振り返ることができる、固い決意が語られ、上級スピーチではなかなか聞くことのできない非常に高レベルのスピーチを聞くことができました。他人のスピーチは聞けば聞くほど学ぶことが多く、非常に有意義なスピーチでした。


■論評の部論評(事前に自己申告!)とは、この場で聴いた準備スピーチの内容に対しいろいろな観点から"良かった点・改善点"を伝える練習です。これも持ち時間(例:3分)は決められています。

感想:
本日の論評者は4人。比較的新しいメンバーである論評者と、ベテラン論評者がスピーチの論評を行いました。新しいメンバーの論評は非常に質が高く、それぞれ初めて、二回目とは思えない論評のレベルでした。また、二回目論評のTさんの論評の質が格段に上がり、トーストマスターズクラブでの練習の成果を感じさせるものでした!


■その他の役割
プレゼン力だけでなく、例会の運営力(企画・リーダーシップ)を身に付ける為、全員で以下の役割を分担して行っています。(これらも、自己申告!)
・全体の進行役 <会の準備から終了までを取り仕切ります。>
 ・今日の言葉係 <今日の会の中で使って欲しい言葉を提示します。>
 ・計時係 <各スピーカーに時間経過を旗で知らせ、所要時間を報告します。>
 ・集計係 <各賞の集計を行い、優れた人を称えあいます。>
 ・文法係 <文法上の良い点、改善点を指摘します。>
 ・えーとカウンター係 <スピーカーの"えーと"の数をカウントし報告します。>


■授賞式この日、各セッションで最も素晴らしかったスピーカーを皆で投票し表彰します。
(表紙に掲載しました写真はその会の受賞者の皆さんです。)


■動画確認参加者の了解を得た上で例会の様子を撮影し、会員の方のみに公開をしています。
この目的は各自のプレゼン・素晴らしい方のプレゼンを動画で振り返ることで、自分の表現力(表情・ボディーランゲージ・自分の癖の確認等)を磨くためです。