府中トーストマスターズクラブ / Fuchu Toastmasters Club > これまでの開催記録

第128回例会(日本語例会)

170514.jpg
5月14日、9時に昭和記念公園西立川口に集合したのは府中、立川トーストマスターズクラブのメンバーを中心とした総勢約30名。前日の大雨で中止が心配されていたものの何とかお天気が持ちこたえ、青空ならぬ「曇り空」BBQ合同例会が始まりました。
悪天にもかかわらず公園入口にはすでに9時半のオープンを待つ人だかりができていて、なんだかワクワクします。

公園内の「みんなの原っぱ」にて例会実施。広場の真ん中にはこんもりと葉の生い茂る大きな樹があり、会場はそこに決定。ブルーシートを敷いて車座になり、例会の始まりです。府中、立川の会長の開会の掛け合いスピーチで一気に場が温まりました。当日のTMODから、スピーチをする人も聞く人も「イェーイ」「すごーい」など、どんどん声を出そうというルールが伝わると、準備スピーチが聴衆の合いの手で大いに盛り上がりました。野外ならではの躍動感のある例会です。

府中の3名のスピーカーのうち、なんと2名は初のスピーチでした。最初のスピーチが合同例会で、しかも野外とは相当な高いハードルかと思いきや、2名とも堂々とした自己紹介で、初回から大物の片鱗をのぞかせています。府中の論評は、野性味あふれるボーイズ、そして計時、集計、文法、今日の言葉の各係は華やかなガールズで、それぞれの役をしっかり務めていました。「今日の言葉」は合同例会にふさわしく「きずな」です。トーストマスターズのメンバー同士のきずなを強く意識した一日でした。

朝の寒空に震えながらスタートした例会ですが、例会が終了した昼頃には日差しも出て、午後はお楽しみのBBQパーティーです。予想通り、移動したBBQ会場はすでに人であふれていましたが、何とか自分たちの場所を確保して肉と野菜を焼くため炭を起こし、大量の肉と野菜とアルコールで、なんだかとてもいい気分。例会中はあまりお互いに話す機会が作れなかった人たちも、こういった肉を焼くという共同作業で会話がどんどん膨らみます。距離がぐっと縮まったところで、なんと余興として用意されていたのはテーブルトピックススピーチでした。テーブルトピックスでは即興でお題にこたえるスピーチを作らなければいけません。「ウルトラマンになりきって今までで一番幸せに感じたことを」とか「アンパンマンになりきって今までで一番恨んでいることを」などの無茶振りのお題に四苦八苦してスピーチするメンバーを見ていると、なんだか大勢で一つのことをするって
楽しいな、と実感します。ブルーシートでごろんと寝ている人、2-3人のグループで思い思いに深い話をする人、BBQの焼肉担当を熱心にする人、お酒が入ってにぎやかに笑っている人など、いろいろなタイプの人たちが自由に話を楽しんでいる、そんな風景が印象的な野外の一日でした。合同例会関係者の皆さま、そして参加者の皆さまお疲れさまでした。
ぜひ次につなげていきましょう。