府中トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第133回例会(日本語例会)

170716.jpg
今回の例会では、なんと驚くことに、3名もの方が同時に入会の意志を表明してくださりました。私たちにとってはとても喜ばしいことです。一人ひとりが各々の役割を全うできていた成果でしょうか。今回もまた、とても素晴らしい例会となりました。気になっている方はぜひ、府中トーストマスターズクラブへ足を運んでみてくださいね。初めての方も、今はあまり自信のない方でも、どんな方でも大歓迎です!!


■テーブルトピックスの部

テーブルトピックスとは、与えられたお題に対してその場でスピーチを
組み立て2分間で披露するスピーチのことです。
今回のお題は、
「海の日の由来」
「山の日の思い出」
「川にまつわる思い出」
「海にまつわる思い出」
と盛りだくさんでした!

感想:
今回は、面白いお題の出し方でとても新鮮でした。なかなか難しかったです。でもだからこそ手ごたえがあって、とても勉強になるテーブルトピックスの部でした!

■準備スピーチの部

この日の準備スピーチは3人でした。

準備スピーチとは、トーストマスターズのガイドに書かれたプロジェクトに従って
自分の目標を立て決められた時間内で行うスピーチのことです。

準備スピーチ1:分福茶釜
準備スピーチ2:お国柄
準備スピーチ3:猛暑の過ごし方
内容と感想:
準備スピーチ1の方は、ストーリーテリングといって、物語を語りかけるようなスピーチに挑戦しました。とても迫力があって素晴らしかったです!準備スピーチ2の方は、国によってボディランゲージの意味が異なるということを語られていました。同じ動作でも、国によっては真逆の意味に捉えられるなど、大変興味深かったです。準備スピーチ3の方は、読書が趣味のようで、猛暑のなか読むべき3冊のおすすめ本を紹介していただきました。小説はあまり読まないのですが、スピーチをきいて読みたくなってしまいました!3人ともとても素晴らしいスピーチで、勉強になりました!!


■論評の部

続いては論評の部です。これは、ある程度場数を踏んで慣れてきてから、トライするのが良いようです。準備スピーチに対して、スピーチのよい点と改善点を 決められた時間内に指摘をします。

感想:
どの論評も指摘が的確で、きいている側も勉強になりました。構成もしっかりされていました。また、初めて論評される方もいたのですが、とても初めてとは思えないくらいよくできていて驚きました!

■その他の役割

 プレゼン力だけでなく、リーダーシップも身に付ける意味からも全員で以下の役割を分担して行っています。
・全体の進行役
 ・今日の言葉係
 ・計時係
 ・集計係
 ・文法係
 ・えーとカウンター係

■授賞式

  この日、各セッションで最も素晴らしかったスピーカーを
  表彰しました。皆さんおめでとうございます!

■動画確認

 参加者の了解を得た上で例会の様子を撮影し、会員の方のみ確認が出来るようにしています。各自のプレゼン(話すときの癖?ボディーランゲージ?)を後日確認し、次に繋げる事が出来ます。