府中トーストマスターズクラブ / Fuchu Toastmasters Club > これまでの開催記録

第134回例会(英語例会)

170806.jpg
夏本番を迎え、暑い中行われた第134回例会(英語)は、沢山のゲストを迎えつつ、2名の入会式を行うなど、外気をしのぐほどの熱~い会になりました!会の終わりには1名のかたの入会表明もあり、ますます盛り上がりそうな、府中トーストマスターズクラブです。見学はいつでもメンバー一同大歓迎でお待ちしています。

■テーブルトピックスの部

テーブルトピックスとは、与えられたお題に対してその場でスピーチを
組み立て2分間で披露するスピーチのことです。

本日はお盆をテーマにしたトピックスが出題されました。
・お盆休みの予定は?
・お盆休みの思い出は?
・お盆休みは何日ほしいですか?その理由は?

感想:
テーマがタイムリーで回答しやすい内容だったので、指名されたスピーカーの人たちはお盆休みの過ごし方や思い出をスムーズに話すことができました。お盆休みの日数については、スピーカーが話題を巧みに変換して週休3日希望という展開にしたのが印象的でした。

■準備スピーチの部

準備スピーチとは、トーストマスターズのガイドに書かれたプロジェクトに従って
自分の目標を立て決められた時間内で行うスピーチのことです。

本日のスピーカーは3名でした。タイトルは以下の通りです。
1.Japanese Spy
2.Stage Fright
3.2018 Fuchu TMC Summer Camp Meeting Briefing

1番目のスピーカーは忍者についてのスピーチでした。知られざる忍者の世界について様々な観点から紹介してくれ、大変興味深かったです。
2番目のスピーカーは舞台恐怖症についてのスピーチでした。大勢の人の前にでてスピーチなどを行うとき、どうすれば緊張や恐怖を克服できるのか、ということについて一つの解決方法を提案してくれました。
3番目のスピーカーは架空のイベントについてのプレゼンテーションをしてくれました。開催の概要をまとめたレジュメが配布され、架空の話とは思えない、聴衆をわくわくさせるとても楽しいスピーチでした。
■論評の部

続いては論評の部です。これは、ある程度場数を踏んで慣れてきてから、トライするのが良いようです。準備スピーチに対して、スピーチのよい点と改善点を 決められた時間内に指摘をします。

感想:

どの論評者も、スピーチのよかった点と改善するとさらによくなる点を的確にとらえて、英語で伝えていました。論評者には、聴くスキルが求められる上、短い時間で論点をまとめる力も必要であり、経験すると短い時間でたくさんのことを学べる役割です。論評者の役割になっていなくても、論評するとしたら......という姿勢で例会に参加するとよいのだろうと感じました。

■その他の役割

 プレゼン力だけでなく、リーダーシップも身に付ける意味からも全員で以下の役割を分担して行っています。
・全体の進行役
 ・今日の言葉係
 ・計時係
 ・集計係
 ・文法係
 ・えーとカウンター係

■授賞式

  この日、各セッションで最も素晴らしかったスピーカーを
  表彰しました。皆さんおめでとうございます!

■動画確認

 参加者の了解を得た上で例会の様子を撮影し、会員の方のみ確認が出来るようにしています。各自のプレゼン(話すときの癖?ボディーランゲージ?)を後日確認し、次に繋げる事が出来ます。