府中トーストマスターズクラブ / Fuchu Toastmasters Club > これまでの開催記録

第137回例会(日本語例会)

170917.jpg
大分暑さもやわらぎましたが天気は大雨、第137回例会(日本語)は、天候の悪い中、4名のゲストを迎えつつ、多くの方が足を運んでくださいました。毎回の例会が賑やかに行われて、うれしい限りです。気になっている方はぜひ、府中トーストマスターズクラブへ足を運んでみてください。初めての方も、今はあまり自信のない方でも、どんな方でも大歓迎です!!
■ちょっといい話
Iさんより、高校生の夏休みの船乗りのアルバイトの話を伺いました。
船に乗り、来る日も来る日も甲板掃除や温度記録をしていると、ある日異常な気象にであいます。その異常気象の原因はなんと...幽霊船だったのです!前回のほら話コンテストで聞けなかったIさんのハイなスピーチにより、思わずコーナー名を忘れるぐらいに場は温まりました。

■テーブルトピックスの部
テーブルトピックスとは、与えられたお題に対してその場でスピーチを
組み立て2分間で披露するスピーチのことです。
本日はお盆をテーマにしたトピックスが出題されました。
・集中力が高まる秋にチャレンジしたいことは?
・チャレンジしてよかったことは?
・チャレンジするにあたって、モチベーションをあげるための自分ルールは?
感想:
気候が温暖な時期にぴったりのテーマでした。今回、初めていらしたゲストの方にもお答えいただき、自己紹介も兼ねた堂々とした素晴らしいスピーチをいただきました。挑戦するなら今、この時期しかないと皆さん考えられたのではないでしょうか。

■準備スピーチの部
準備スピーチとは、トーストマスターズのガイドに書かれたプロジェクトに従って
自分の目標を立て決められた時間内で行うスピーチのことです。
本日のスピーカーは3名でした。タイトルは以下の通りです。
1.時間管理とワークライフバランス
2.ある日出会った尊敬する人
3.私の彼
1番目のスピーカーKさんは今回初のスピーチです。名前の由来、お仕事内容、趣味、それらのバランスのとり方をお話しされ、素晴らしいアイスブレーカーを果たしてくれました。
2番目のスピーカーはこの記事の筆者である私の発表です。たまたま仕事で一緒になった人と会話したところ、彼へ尊敬の念を抱き、スピーチにしてみました。ゲストの方に印象に残ったとのお言葉をもらい、とてもうれしかったです。
3番目のスピーカーのMさんは家族よりぞっこんな「彼」の話をしてくれました。自分より年上で、誰にでも優しく、浮気性な「彼」にMさんは魅了されています。そんな彼はなんと!猫でした。にゃんという話でしょう。
■論評の部
続いては論評の部です。これは、ある程度場数を踏んで慣れてきてから、トライするのが良いようです。準備スピーチに対して、スピーチのよい点と改善点を 決められた時間内に指摘をします。
感想:
論評担当の方は、誰もがマニュアル目標の達成度を意識してスピーチを聞き、よかった点、さらなる改良点、自分ならこうするであろう点などを述べます。ただ聴衆として漠然と聞くより自身の更なるスキルアップが望める役割です。今回Yさんが初論評をされましたが、初めてとは思えない素晴らしい論評でした。入念に準備されたのではないかと思います。

■その他の役割
 プレゼン力だけでなく、リーダーシップも身に付ける意味からも全員で以下の役割を分担して行っています。
・全体の進行役
 ・今日の言葉係
 ・計時係
 ・集計係
 ・文法係
 ・えーとカウンター係
■授賞式
  この日、各セッションで最も素晴らしかったスピーカーを
  表彰しました。皆さんおめでとうございます!
■動画確認
 参加者の了解を得た上で例会の様子を撮影し、会員の方のみ確認が出来るようにしています。各自のプレゼン(話すときの癖?ボディーランゲージ?)を後日確認し、次に繋げる事が出来ます。