府中トーストマスターズクラブ / Fuchu Toastmasters Club > これまでの開催記録

第145回例会(日本語例会)

180121.jpg
2018年、今年初めての日本語例会が行われました!そして本日は新入会員1名を迎え入会式も行いました。着実に会員数を増やし続けている府中TMCです。それでは例会を振り返ってみましょう!
まずは、「ちょっといい話」をしてくれたYさん。ニューベイビーの話をしてくれました。おめでとうございます!「ちょっと」じゃなてくスピーチ1本聞いたような、内容の濃い興味深い話でした。きれごとだけじゃないんですね!

■テーブルトピックスの部

テーブルトピックスとは、与えられたお題に対してその場でスピーチを
組み立て2分間で披露するスピーチのことです。
入会間もないHさんが司会を進行してくれました。「今年から2年生」というテーマで絶妙のお題をいくつも出してくれました。いやー、Hさん社会人2年目だったんですね!落ち着いているからベテラン社会人かと思ってましたよ。新人は失敗して叱られるのが仕事です。わたしなんて今でも上司に叱られていますよ。

■準備スピーチの部

準備スピーチとは、トーストマスターズのガイドに書かれたプロジェクトに従って
自分の目標を立て決められた時間内で行うスピーチのことです。
今日も3人のスピーカーがスピーチしてくれました。まずはRさんが「太極拳図と私たちの日常」というスピーチをしてくれました。トライリンガルのRさん、図を使って
道教の考え方、それをどのように日常生活で意識していけばよいか話してくれました。
次にTさんは「音大生の実態」という話をしてくれました。音大生の就職先など以外な一面を教えてくれました。そしてMさんは「初めての海外旅行」という話をしてくれました。まるで絵本の読み聞かせのようなやわらかな口調が印象的でした!

■論評の部

続いては論評の部です。これは、ある程度場数を踏んで慣れてきてから、トライするのが良いようです。準備スピーチに対して、スピーチのよい点と改善点を 決められた時間内に指摘をします。
まずはMさんの論評です。初めてとは思えないほど適切な論評でした。そしてベテランのKさん。相変わらずの安定感でした。最後はわたしでしたが、話している途中で言いたいことが出てきたんだけれど、うまくまとめられなかったなー、反省。次はがんばります!