府中トーストマスターズクラブ / Fuchu Toastmasters Club > これまでの開催記録

第179回例会(日本語例会)

190616.jpg第179回例会(日本語例会<論評ワークショップ>)

晴天に恵まれ、近くの大國魂神社参道では府中流鏑馬(やぶさめ)が行われるというまさに同じ時刻に、ルミエール府中ではトーストマスターズ日本語例会が開催されました。

■論評ワークショップ
トーストマスターズには先生がいません。その代わり、メンバーが互いにスピーチや例会全体を論評し、良かった点や改善点について建設的なフィードバックを行います。今回は例会を構成する柱の一つ、論評スピーチのスキルを向上させるためのワークショップを行いました。

<論評ワークショップの流れ>
トーストマスターズの論評について
論評力を高めよう
準備スピーチ1
準備スピーチ2
ペア/グループワーク
論評セッション

TMODとして例会をリードするのはKさんです。まずPPTを使いながら論評とはどういうものか、論評者の心構えや、論評者になった時の準備の手順、実際の論評スピーチの時間配分などが説明され、参加者に論評の全体的なイメージが膨らみました。スピーチを聞くときにメモをどのようにとればいいのかは、論評担当者の悩みどころですが、具体的なフレームワークが紹介され、本日はそのフレームワークを使って2名の準備スピーチの論評を各自どのように作り上げるか考えました。

準備スピーチは入会後間もないIさんが自己紹介のスピーチを、そして元気のいいSさんがリーダーシップのタイプについて、自身の経験を交えながらスピーチを行いました。

グループワークでは、スピーチについて参加者同士がどういったポイントを取り上げ、どんなフィードバックを行うかブレストをしました。面白かったのは、近くの人同士でブレストをすると相手との視点の違いや、同じポイントを取り上げても言葉の選択の仕方に個性が出ることに気づいたことです。

最終的には、事前に決められていた論評担当者に加え、その場で希望者を募っての論評スピーチが行われ、論評例も豊富で、自分の論評スタイルの参考にもなり、充実したワークショップとなりました。

■現役員離任式、新役員就任式
トーストマスターズにとって節目の6月のこの時期、1年間役員を担当してくださった皆さんへのお礼とともに、新しい役員となる方々へエールを送りました。

■受賞者発表
本日の題材を提供し、素晴らしいスピーチを行い、俎板の上の鯉となって全方位からいじられることに耐えていただいた2人の準備スピーカーにベストスピーカー賞が授与され、また、年間を通してのベストテーブルトピックス賞、ベスト論評スピーカー賞、ベスト準備スピーカー賞がそれぞれ発表されました。

■例会を振り返って
本日のゲストのお一人が感想でこんなことを言われていました。
「人の集まるところには理由がある。」
本日も参加者の一人ひとりが、ぜひ次回も、と思えるようなとても素敵なワークショップでした。