府中トーストマスターズクラブ / Fuchu Toastmasters Club > これまでの開催記録

第185回例会(日本語例会)

190915.jpg
■開会
先ず、会長からのお言葉。
 9月8日の台風15号の影響について、不測の事態では周りの人の支えや助けの大切さを改めて感じた。
 そんな会長のエピソードトークを皆で共感しながら今回の例会が始まりました。

■今日の言葉
例会の最初に、メンバーの1人が「今日の言葉」を発表します。
普段あまり使わない言葉を決め、例会の中で意識的に使うことにより、語彙を高める、という狙いがあります。
今回選ばれた言葉は「 粋な(いきな)」でした。

■準備スピーチの部
準備スピーチは「トーストマスターズ本部」によって編集されたスピーチマニュアルに従って実施されます。話し手はマニュアルの目的、
 たとえば「論理的なスピーチ」や「効果的な話し方」を意識してスピーチします。マニュアルにはそのための具体的なアドバイスも丁寧に
 記載されています。目的を段階的に達成することでスピーチ力が向上していきます。
4人の方々が以下のタイトルでスピーチをしてくれました。

Aさん :Who am I? 
Bさん :コミュニケーション能力ってなんだ
Cさん :英語と私
Dさん :六義園

Aさんの今回のプロジェクトは「自己紹介を行いを通しパブリックスピーチの基本的な構造を学ぶこと」です。
テレビのプロデューサーを目指していた「過去」、仕事・家庭・ハープを楽しむ「現在」、
そして実は今後、何をしていきたいのか決めかねている「未来」。その時々でのAさんのお人柄が伺える自己紹介スピーチでした。
最後にAさんは、誰かの為に何かを与えられる、そんな人になりたいと強い意思を示しスピーチを終えました。
Aさんの瞳はいつにも増して輝いていました。

Bさんのスピーチに私は共感と同時に汗顔のいたりでした。
より良い結果を生む為にコミュニケーション能力はどうあるべきか、Bさんの体験談を交え優しい口調でスピーチいただきました。
①自分の考え伝える、②人脈を広げる、③相手に話をさせる、④相手の立場に立って話を聞く、⑤良好な関係の維持に努める
仕事だけではなく、家庭内や地域関係に即効性の高いすばらしいスピーチでした。

Cさんは最も力を入れている英語について話されました。
英会話の修得に対する経緯、想い、そして行動と現在。少しドラマチックに且つ有用性の高い
英会話の修得情報を盛り込んだ内容でした。ひた向きに頑張っておられるCさんを応援すると共に
私も一緒に頑張っていきたい そう感じさせる熱いスピーチでした。

Dさんは六義園について面白詳しくお話いただきました。庭園への想いと歴史への知識深さに加え、駅での電車
出発音楽を再現しながら経緯を説明するDさんの可愛いさ、そしてマイケルジャクソンのネバーランドを
例えに用いる分かりやすさと心くすぐる説明センスに魅了されるDさんのスピーチでした。

■テーブルトピックスの部
今回の例会では、下記のテーマについてスピーチが行われました。
 ①家から避難する時に持って逃げる大切なものは?
  →旦那さんの手を引くEさんを思わず想像してしまい会場は和やかな雰囲気に包まれました。
 ②苦手な虫は?
  →「好きな虫が無い」という全員納得の回答の後、Fさんからバナナ事件を紹介いただきました。
 ③今年の夏の想い出は?
  →大切な友人の隣に座るおませな姪の笑顔に幸せを感じるGさんの素敵でハッピーなエピソードでした。


■論評の部
 4人の評論者は 姿勢、分かりやすさ、構成、聴きやすさ等を良い点として挙げ、声や動き、手の位置、気持ちの余裕、等を改善点としてそれぞれ
 挙げていました。良い点を伝えるのと比べ、改善点を伝えるのは何倍も気遣いと勇気が必要です。皆さん優しい口調で評論スピーチをされていたのが
 印象的でした。

■授賞式
 例会出席者全員の投票によって、「テーブルトピック」「評論」「準備スピーチ」の各セッションで最も素晴らしいスピーカーを選び表彰しました。
 皆さんおめでとうございます!