府中トーストマスターズクラブ / Fuchu Toastmasters Club > これまでの開催記録

第194回例会(英語例会)

200202.jpgThe 192nd Fuchu Toastmasters Club speech contest

It was a special meeting for choosing the contestants for the coming Area Contest on February 29th. We had three contestants each for both English and Japanese.
The contest started with English speech contestants drawing lots for their speech turns.

【English Speech Titles】
1st Speech: No see, no life!
2nd Speech: Important Mission
3rd Speech: It started from "凶".

The first speaker, S-san, always makes passionate speeches. He talked about his experience in his previous jobs describing his project failure at the first job and the power harassment he received in the second working place. He said "No see, no life!" as meeting with his ex-colleague in person gave him the motivation to move forward.
The second speaker, M-san, made an insightful speech about his "Important mission". It was about his first assignment as a freshman in a tech. company. The mission was hitting a key for the loading test every day and it turned out to be a very boring job. He said he learned to think positive in that desperate situation.
The third speaker, T-san, talked about his unfortunate events in the past and the lesson he learned from the experience. The passion for mastering English might have helped him revive his spirit. He says that good luck is slow to arrive but he learned a lot from his failure. I hope he will enjoy being a member of this toastmasters club.

【日本語スピーチタイトル】
1番:私にできること
2番:いつもありがとう
3番:LDLコレステロールに気をつけろ

1番手のIさんは淡々とした語り口ながらバドミントンがIさんの人生の節目に大切な役割を担ってくれたことを年代ごとに分かりやすくお話しされ、リオオリンピックを挟んでのサークルの隆盛やその後の人数の落ち込み、自分が中心となっての立て直しや今後の展望について熱く語ってくださいました。昔サークルを去っていった初心者の方への罪悪感を感じると言う真摯な姿勢に感動しました。
2番手のSさんはシンプルだけれど、大変説得力のある「ありがとう」と言おうというメッセージの重要さを、ご自身と家族とのかかわりの中で教えてくださいました。やってもらって当たり前、あえて口にしなくても、と感謝の気持ちを忘れがちだ、と言いつつ実際に言葉で伝えられているSさんに人間性の豊かさを感じました。
最終スピーカーのNさんは親しみやすい語り口でLDLコレステロールという、中高年には気になる健康の話題について、わかりやすく図も交えながら解説をしてくださいました。実は、私も最近数値が上がっていながら何も対処をしていなかったので、個人的にはこのスピーチが一番関心を持って聞けました。脂肪の少ない食事を心がけ、適度に運動することで、病気のリスクを少なくする努力をしようと思わせてくれたスピーチでした。

通常の例会では論評の部があり、それぞれのスピーチにつき、良かった点と改善点のフィードバックを行いますが今回はコンテストのため、書面にて別途行いました。

最後に表彰が行われ、参加者の投票による順位が発表されました。日本語、英語ともに1位と2位は29日に行われるエリアコンテストの出場権が得られます。Mさん、Sさん、Sさん、Iさん、おめでとうございます!

最後にスピーカーとコンテストの司会者で写真を撮って本日のコンテストを終了しました。